趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

【HGザクレビュー】パチ組み状態でレビュー!ひと手間加えるのが楽しいガンプラでした。

 

 
ころさんです。
 
ハロプラの塗装を終えた時「うーん…ハロプラだと物足りなかった。」と思ったので、次はHGザクを作ってみることにしました。
 
 
 
今回のHGザクの様子はこんな感じです。
 
  • 無塗装のパチ組み
  • アルティメットニッパー使用
  • やすりがけなし
  • モノアイのシールは貼っていない
 
プラモデルの道具がほとんどない状態で組み立てるとできる状態をレビューしてみました。
 
初心者はもちろん、ガンプラの改造が得意な人も参考になると思います!
 
 

組み立てに苦労した部分

 

個人的に組み立てで苦労した部分を紹介します。

 

動力パイプの先ををランドセルの中に入れたまま、ランドセルを取り付ける

 
背中の部分(ランドセル)を付けるの大変でした。
 
固い。つけられない。という感じです。
 
あんまり良くないんですが、力技でやっちゃいましたね…ははは…
 
 

動力パイプを脚に取り付ける

 

また動力パイプですか。 

 
これもまた固い。という意味で取り上げました。
 
あと、パーツ壊れそうで怖いんですよこれ。
 
RGザクでは見事に壊してしまったので、そのトラウマもあるかと。
 
 
 動力パイプ苦手説…

HGザクの全体画像

 
HGザクを一眼レフを使って撮ってみました。
 
 

 
正面。
 
ミサイルポッドも装備してみました。
 

 
後ろはこんな感じ。
 

 
シールド側の側面
 

 
 
もう一方の側面はこんな感じ。
 
 

合わせ目の加工はあるといいかも?

 
 
HGザクは合わせ目の加工は必要かな?と感じました。
 
パーツとパーツの合わせ目が結構目立つ場所にあるなあという印象でした。
 
脚の部分や腕の部分などの合わせ目はしっかり消していきたいですね。
 
 

色んな武器が付いている!

 

 
武器のバリエーションも量産型のザクの魅力ですね!
 
付いている武器は下の通りです。
 
  • ミサイルポッド×2
  • ザクマシンガン
  • ザクバズーカ
  • ヒートホーク
 
色んなシチュエーションに対応できますね。
 
作った後に付け替えて遊ぶのが楽しいに違いない…!ですね
 
 

色分けはほぼできている

 
このキットはほぼ色分けがされていると思います。
 
ガンプラは基本的に塗装しなくてもカッコ良くできるのがいいですよねー
 
ガンプラは初心者で塗装用の道具がない人でも楽しめるのが魅力ですね。
 
 
ここで、あえてほぼ色分けされていると言いましたが、理由があります。
 
それは、細かい部分をしっかり塗装するとより良い作品になると思ったからです。
 
 
これは好みに寄るんですが、ヘッド部分の通気口は塗装した方が好きかな?と個人的に思いました。
 
 
あとミサイルポッドやヒートホークはしっかり部分塗装した方が良いと思います。
 

見栄えが変わりますし、そもそも見本の写真が塗ってあるのでオススメ。

 
 
 

まとめ

 
今回はHGザクをレビューしてきました。
 
HGザクは合わせ目や部分塗装など、手を加えれば加える程良くなりそうなポテンシャルを持っていると思います。
 
 
実は既にガシガシ塗装しているのですが、これはとても良い作品ができそう!と思いました!
 

うん…塗装って楽しいね…!

 
 
塗装した様子もブログに載せていきますので、楽しみにしてください!
 
 
ではでは