趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

【インク徹底レビュー】神戸インク物語の加納町ミッドナイトはブルーブラックの理想形!

 

 
ころさんです。
 

万年筆用のインクを買いすぎてヤバい。

 
インクの数が10個どころの話じゃなくなっていますね…
 
(数えるのが怖いのであえて数えないことにしました…)
 
 
話は変わりますが、最近様々なインクが発売するようになりましたよねー!
 
そのせいか、「このインクが良いか分からない!」と思う人は多いのではないでしょうか?
 
自分にピッタリなインクを見つけたい人のために、インクをちまちま紹介しようかなと思います。
 
 
記念すべき第一回目はご当地インクの「神戸インク物語の加納町ミッドナイト」になります。
 

神戸インク物語とは

 
(正式名称は「Kobe INK物語」ですが、ここでは読みやすく「神戸インク物語」としておきます。)
 
 
このインクシリーズは、神戸の街にちなんだインクの名前が付けられています。
 
(限定のインクは神戸とは関係のない名前が付いていることもありますが…)
 

一つ一つの名前がオシャレなんですよねー!

 
名前がオシャレなせいか、神戸インク物語のインクを使ってると、なんだかシャレた気分になります。
 
インクのネーミングセンスって、とても大事だと思うんですよね。
 
知名度がインク沼界で高い理由の一つとして、オシャレな名前だからじゃないかなって思うんです。
 
「こんなオシャレなインクがあるんだよ!」って共有していくうちにどんどん知名度が上がったのかな?と想像してみたり。
 
 
 
 

インクそれぞれに開発コメントが付いている

 
神戸インク物語にはインクと一緒に、コメントが書かれている小さな紙が入っています。
 
つまり、インク一つ一つの物語を読むことができるんです。
 
今回紹介する「加納町ミッドナイト」には
 
「加納町の深夜の歩道橋から見上げた夜空の深いブルーをお洒落なミッドナイトカラーに表現した」※要約
 
と書かれています。
 
 
ご当地インクではありますが、案外入手難易度は低い気がします。
 
万年筆用インクをそれなりに揃えているお店であれば、大抵あるイメージです。
 
伊東屋とか東急ハンズとかで見かけました。
 
見かけやすいとはいえ、ご当地インクなのでレア感はありますねー!
 
 
 
 

黒寄りのブルーブラック

 
さて、お待ちかねのインクの色について紹介しますね。
 

 
今回はグラフィーロを使って書いてみました。
 
加納町ミッドナイトの色は黒に寄っているブルーブラックだと思います
 
(人によっては紫っぽいと表現するかもしれないですね。) 
 
書いていると濃い部分と薄い部分が出てくると思うんですが、これがなんとも美しい。
 
 

濃い青黒の中から青がチラッと見えてくる感じ…

 

 
上品。
 
インク沼入門にふさわしいインクだと感じました…!
 

ようこそ沼へ…

 
 

緑色のフラッシュは夜景みたいに美しい

 

 
このインクはフラッシュさせると、こんな美しい緑色が出てくるのですよ。
 

夜景のようなキラキラした感じがします…!

 
黄色のフラッシュではなく、緑色のフラッシュなのが趣がある気がします。
 
 緑色のフラッシュってだけで価値があると個人的には思います。

普段使いしやすい

 
ブルーブラックというのもあって、普段使いしやすいインクだなーって思います。
 
ちなみにブルーブラックは公的に使ってもよいらしいですね。
 

(自分は使う勇気がないので、趣味でしか使ったことないですが!)

 
万年筆に入れて普通に使っている分にはフラッシュしない気がします。
 
自分は太字の万年筆に入れて手帳に書いていますが、フラッシュしているのを見たことないですね。
 
(ただし、紙によってはしやすい紙もあるので全てが…という訳ではないです。)
 
「他のブルーブラックとは一味違うんだぜ…」とニヤニヤしながら使うのが楽しいですね。
 
 
 
 

安定感のあるボトル

 

 
底がしっかりと面積広めに取ってあるので、倒れにくい構造です。
 
どっしりとした感じですね。
 
大きくて存在感のある瓶なので、一つだけでもインテリアとしては十分かと。
 
デザインは皆さんが想像するようなインクの形そのままです。
 

THEインクっていう感じ。

 

ここが気になる点

 

置く場所に困る

 
最近のインクは小さいサイズの瓶が主流なので、大きいと感じるかもしれませんね。
 

欠点を強いて言うなら…って感じです。

 
神戸インク物語シリーズを沢山揃えるとなると、かなり場所を取りますね…
 
神戸インク物語シリーズを沢山購入する方は、スペース確保をお願いします!
 

まとめ

 
  • 黒寄りのブルーブラック
  • 緑色のフラッシュが美しい夜景を思い浮かばせる
  • 普段使いできる色とボリュームと入手難易度
  • ご当地ものなのでレア感あり
  • 安定感のあるボトル
 
一言で言えば自慢したくなるような上品でオシャレなインク。
 
見かけたら手に入れてみてくださいね。
 
ではでは