趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

【ほうとう不動食レポ】山梨でいっぱいほうとうが食べたい人は行くべし!もちもちの麺がおいしいかった

 
ころさんです。
 
しばらく山梨へ行ってきました。
 
山梨といえばほうとうですね!
 
名物なので、せっかくなら沢山食べていきたいですね。
 
そんな食いしん坊さん向けのほうとうでしたねー
 
今回は「ほうとう不動」のほうとうを食べてきたので、食レポしていきます!
 
(なんだか「ほうとう」がゲシュタルト崩壊しそうですね)
 

ほうとう不動とは

 
 
「ほうとう不動」は、河口湖周辺にあるほうとう専門店です。
 
ほうとう一筋でこだわっているお店です。
 
あ、でもご安心ください!ちゃんと他のメニューもありますよ!
 

 
どうやら他のお店に比べて沢山ほうとうが食べられるお店だそうなので行ってみました!
 
 
店舗は4店舗(※2018年9月現在)あり、古風な店舗もあれば近未来っぽい店舗だったり見た目から楽しいですね。
 

「店舗が決められない!」と思ったときは好きな見た目で選んでみるのもアリですよ。

 
 
ちなみにお土産のほうとうも店内で売っているので、お土産だけ買ってもいいですね!
 
 

東恋路店の見た目が近未来的だった

 
今回は東恋路店に行きました。
 

 
…何これ。
 
「ワレワレハ 富士山周辺ニ 基地ヲ 作ッタ」と言わんばかりの形をしているぞ。
 

富士山周辺は宇宙人に侵略されたんですかね…?

 
どうやらこの形は富士山の雲だそうで、いろいろな建築の賞を貰ったりしているらしいです。
 
(だから安易に何これとか言っちゃダメですね)
 
 
体感ですが観光客が一番多く、学生のグループやバスツアーの団体が食べに来てました。
 
席は300席あるので、団体で食事する時には便利ですよ!
 

 名物のほうとうを食べてみた!

大きな鍋でやってくる!

 

 
はい、ドーン!
 
結構大きな鍋でやってきます。
 
最初これ見たとき「これ本当に食べきれるのか…?」と不安になりましたね…。
 
少食な人や女性は2人で1鍋がちょうどいいかもしれませんね。
 
 

もっちもちの麺がうまい!

 
 
ほうとう不動さんのほうとうは本当にもちもちしてて、弾力がありました!
 
お土産屋のほうとうを帰宅後に食べたんですが、比較するとやっぱりもちもち感は不動のほうとうがいいですね…!
 
 
 
もちもち具合が最高で夢中で食べていたら、気づいたらほうとうの麺がなくなっていた…という状態でした。
 
最初は量が多くて心配していたんですが、難なく平らげてしまいました…!
 
もちもちのうどんが好きな人は、1鍋にチャレンジしてもいいかもしれませんね!
 

食いしん坊さんならもう挑戦するしかないですね…?

 
 

麺は多め、かぼちゃの量は少なめ

 
ほうとうはかぼちゃが入っているイメージが強いんですが、ここのお店のかぼちゃは少なかった印象はあります。
 
(もしかして行った時期が夏なのがいけない…?)
 
 

かぼちゃが1つも入っていないと思って、思わず探してしまいました。

 
1つゴロっと入ってたのを発見しただけで、かぼちゃは終わってしまいました。
 
かぼちゃはおいしいんですけど、結構お腹いっぱいになりやすい食べ物なので、多分かぼちゃだらけだったら1鍋全て平らげることはできなかったと思います。
 
そう考えると、バランスがいいのかもしれませんね。
 
よってほうとう不動のほうとうは、「もちもちの麺を沢山味わいたい!」という人向けだと思います。
 
 

まとめ

 

 
ほうとう不動の東恋路店で食べてきたので、紹介してみました。
 
紹介したことを簡単にまとめてみるとこんな感じです。
 
  • 近未来的な見た目のお店
  • 席は300席あるので団体客でもすぐ入店できそう
  • ほうとう以外のメニューもある
  • ボリューム満点
  • 麺多め・かぼちゃ少なめ
 
山梨へ旅行するのは実は3回目ぐらいだったりします。
 
だからほうとうは案外色んなところのを食べていますね。
 
個人的にはほうとう結構大好きで、「山梨へ行ったら絶対ほうとう!」って思っていますね。
 
 

いっぱいほうとうを食べたい人は行ってみてくださいね!

 
ではでは
 
  • プライバシーポリシー・お問い合わせ