趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

テレビが壊れたので、テレビを見なくなったらどうなったのかを書く

 
ころさんです。
 

テレビが壊れてしまって、しばらくテレビを見なくなってしまいました。

 
しばらくの間はテレビを見ない生活をすることになりますね…
 
「テレビがないと不便なことはあるのか?」をせっかくなので、探っていきたいと思います。
 
 

テレビが壊れるとどうなるか

 
 

ドラマを追っかけられない

 
 
一番不便だと感じたのが、ドラマをリアルタイムで追っかけることができなくなることです。
 
自分はよくTwitterを眺めながらドラマを見ているので、リアルタイムで見ることが結構大事なんですよね…
 

ネタバレとかたまに流れてきますし。

 
 
ドラマ自体はネット配信によって見ることができます。
 
ネット配信があってよかったなあと感じました。
 
 

最新のニュースは分かる

 
 
テレビが壊れても、その日にあった最新のニュースを仕入れることは問題ないです。
 
なぜなら、インターネットで簡単に見ることができるからです。
 
Yahooニュースとか、Twitterのトレンドとかを見ればすぐ入ってきます。
 
インターネットが発達したおかげで、テレビが壊れても問題なくニュースを確認することができます。
 

ニュースを知る分には現状問題ないですね。

 
 

家の中が静かになった

 
 
家の中が静かになったなあと感じました。
 
毎日テレビを点けてたせいで、なんだか寂しく感じますね…。
 
逆に言えば静かな環境が作れましたね。
 

つまり、テレビを点けないことで家の環境を変えることができます。

 
 

ゲームができなくなる

 
 

ゲーマにとって大問題。

 
テレビが壊れたことによって、WiiUなどの据え置き型ゲームができなくなりました…
 
とりあえずモニターと接続すれば済む話ではあるんですが…
 
意外に昔の機種を使って昔のゲームをやったりするんですよねー
 
やろうと思ったときに「あ、テレビ壊れてたんだ」とうっかりしてました…
 
 
Nintendo Swichの場合、このような問題は起きませんね。
 
ゲームができないことは、ゲーム大好き人間にとって死活問題ですからね…
 
Swichのいいところを発見したような気がします!
 
 

まとめ

 

テレビが壊れたことによって気づいたことはこちらになります。

 
  • ドラマを追っかけられない
  • ニュースは何とかなる
  • 家が静かになる
  • 据え置き型ゲームができなくなる
 
テレビがなくて「あ、詰んだな」と思っていたのですが…
 
案外なんとかなりますね。
 
自分がよくパソコンを使っているせいもあって、あまり問題ないですね。
 
ゲームができなくなるのがちょっと寂しいですが…
 
 
ではでは