趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

「おいしいものに罪はない」を座右の銘にしている

 
どもども、ころさんだよ。
 
「おいしいものに罪はない」という座右の銘で自分は生きています。
 
プロフィールを見た人なら分かるはずです。
 
 
その言葉なにそれ?という人のためのレクチャー回です。
 
(ある意味プロフィールの延長線上)
 
 

「おいしいものに罪はない」は自分で作った言葉

 
「おいしいものに罪はない」は造語です。
 
つまり自分で作りました!!!
 

なので、辞書とか見ても載ってませんよ。

 
 

どういう意味なのか?

 
「おいしいものに罪はない」はこういう時に使います。
 
  • あまりにもおいしかったので食べすぎてしまった時
  • ダイエットできない時の言い訳
  • 食事にお金を使いすぎた時の言い訳
 
 
つまり、食べものがあまりにおいしかったので、やってしまったことの言い訳に使います。
 
…言い訳だけじゃないか!
 
だっておいしいのは仕方ないもんね。
 
 

なぜ座右の銘にしているのか?

 
それは、価格やカロリーを気にせずにおいしいものを食べたことで、心が救われたからです。
 
もう何もうまく行かなくて「何もしたくないや…」と思ってたときに、たまたまステーキ屋さんへ行ったんです。
 
このとき「たまには気の向くままに食べてみよう」と思い、一番おいしそうなものをいっぱい食べることにしました。
 
 
テーブルに置かれたステーキから出る香りで、食べなくとも「これは絶対おいしい」と感じました。
 
はらぺこだったので、おいしい肉を一口ほおばるだけでもう幸せな気分に…。
 
ひたすら食べることに集中する時間。
 
だんだん嫌なことを忘れていきました。
 
 
十分食べた後はさっさと寝ることにしました。というか眠かった!
 
 
翌日「おっ、何でもできる気がする!!!」というパワーがみなぎっていました!
 
今まで身体にあったおもりがスッとなくなる感じ。
 
肉の力ってすごいね!
 
 
その経験から「辛いときはおいしいものを食べて元気になろう」と考えるようになりました。
 

おいしいものは人を幸せにするんです。

 
 

もしおいしいものが罪だとしたら?

 
 
おいしいものが罪だとしたら…きっと食事が楽しくなくなりますね…。
 
 
少し考えてみてください。
 
極端な話、一日三食がただの栄養摂取の行為になるんです。
 
栄養摂取なら、点滴で栄養を打つだけとあんまり変わらないですね。
 
うーん…人の価値観にも寄ると思いますが、耐え切れないですね…。
 
 
なるべくなら、食べ物に対して罪悪感を感じずに食べていきたいですね。
 
(未だに超こってりラーメンに対して罪悪感を感じてしまうんですけどね!)
 
 

おわりに

 
プロフィールの延長戦みたいな感じになりましたが!
 
「おいしいものに罪はない」という言葉の意味を感じ取っていただけたでしょうか?
 
つらいときこそ、おいしいものを食べて元気を出したほうがいいと思います。
 
 

これからも趣味充日誌では、おいしいものを積極的に発信していきますよ!

 
ではでは
 
 
 
  • プライバシーポリシー・お問い合わせ