趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

秋葉原は最近オシャレな店が増えた気がする

 
どもどもーころさんです。
 
最近、秋葉原に最近ガンプラの工具を買いに行ったり、一眼レフを買ったり絶賛オタク活動をしまくっています!
秋葉原について少し気になった事があったので、今回記事にしました。
 
 
 

秋葉原にオシャレな店が増えてきた

 

コンセプトカフェではないカフェが増えた

 
街中歩くと、メイド喫茶とかアニメイトカフェとかありますが、最近普通のオシャレなカフェが増えてきたなあという印象があります。
タリーズとかの大手チェーン店ではないお店がポツポツとね。
こういった喫茶店は、ターゲットは若い女性のような気がするんですよねー
 

ついにスタバが秋葉原に進出

 
ついに秋葉原にスターバックスが来たぞ!!!
まさかこの街でフラペチーノが飲める日が来るとは…
アトレの中にあります。すごく…駅前…です。
 
あの呪文…オタクは大丈夫なのか?!となりますが!
ちなみに「マッチャティーラテチョコレートソースオールミルクエキストラパウダー」が結構好きです。
(これは呪文的にはまだ長くない…はず。)
 

 
ちなみに、秋葉原のスターバックスは景色は結構良いです。
電車を眺める事ができますね。
 

秋葉原=オタクの街ではなくなってきたのか?

 

とにかく外国人が増えた

 
外国人観光客がめちゃくちゃ増えているなあと感じました。
歩いているとかなりの頻度ですれ違いますし、注意表記に英語や中国語を書くお店も増えていると思いました。
 
秋葉原のお店の多くは通路が狭い事がありますので、結構な確率で「Excuse me.」されますね。
すまんね、狭くて…大きい荷物抱えてて…(
 
あと、お店と外国人観光客とのトラブルをよく見かけるようになりました。
実際に遭遇したのは、模型店で商品のパッケージを勝手に開けてた外国人観光客がいましたね。
お店の人が慌てて「触らないで!」と英語で注意していました。
慣れない英語を使うお店の人も大変だなあ…と思いましたね。
 
日本人ならば、購入していないお店の品物を勝手に開封するなんて非常識だ!と思いますよね。
しかし、外国人観光客の中には、お店の品物を開封していいと思っている方々も中にはいらっしゃいます。
これは、文化の違いもあるとは思いますが、日本に来た以上は、こういったお店のマナーは学んでほしいなと思いました。
知らない事でお店の人に叱られて観光するなんて、やっぱり気分が悪いですからね!
 
外国人観光客の方が秋葉原を高く評価してくれているのは、とても嬉しい事です。
しかし、今回は外国人観光客の目撃談でしたが、外国人観光客に限らず、マナーを守らない買い物客のせいで、お店側としては嫌な思いをしているのも現状です。(やむをえず閉店したお店もあるそうで…)
買い物のマナーを守って、素敵な秋葉原のお店を守りつつ買い物を楽しみましょうね!
 
 

秋葉原といえばオタクの街ではなく、カオスな街になりつつある

 
個人的な見解ですが、オタクの街ではなくカオスな街になってきたと思います。
 
もちろん、模型屋とかゲームセンターとか同人ショップとかメイド喫茶とかPCのお店とかパーツショップとか、オタクの好きなお店は沢山あります。
でも、ここ数年外国人観光客が増えている事で、外国人向けのお店や、オシャレなお店が多くなってきています。
何だか…めちゃくちゃになってきたね。と。
 
うーん、洗練しようとしているんだと思うけど、イマイチ的外れのような…という印象が受けられますね。
オシャレなお店は自由が丘とか、あの辺でやってほしいという思いが少しありますが。
 
 
若い人を中心に、オタク文化が世間から受け入れられ始めているから、こうしたオシャレなお店が多くなり始めたのでしょうかね?
 
ではでは。