趣味充日誌

毎日紅茶は欠かせない、紅茶飲み妖怪が書いています。趣味と思いついたことをつれづれなるままに。

バーの「あちらのお客様から。」は実際にあるの?「あちらのお客様から」について真面目に答えたり考察する会【Bar】

f:id:coro19315:20180624000110j:image
相変わらず美味しいものに目がないころさんです。
最近出費は抑え気味なんですけどね…。うーんおかしいな、諭吉が消えていくぞ。
美味しいものに罪はない。
 
今回は「あちらのお客様から」というキーワードについて経験から色々話してみようかなと。
気軽に読んでいただければと。
 
バーで「奢りたい!」というカッコつけたいアナタも、「奢られたい!」という邪なアナタも、楽しめる内容かなと思います。
あとバーに行く予定無いけど、二次元に汚染されているアナタにも楽しい内容だと思うよ。
だって自分が汚染されまくっているからね!
 

「あちらのお客様から」という奢り方について

 

大まかな奢り方の手順

 
みなさん分かってそうですが、とりあえずどういう奢り方なのかを定義しておきます。
 
「あちらのお客様から」という奢り方の手順
  1. 奢る側が注文(この時に注文内容は奢る側のセンスに委ねられる)
  2. 奢られる側は突然「あちらのお客様から」と言われて奢られる
  3. 奢ったものは、もちろん奢る側が支払う
 
…大体こんな感じでしょうか。
アバウトすぎる!と思う方はコメントで指摘していただけると嬉しいです。
 
これ以降「あちらのお客様から形式」と呼ばせていただきます。
 
 

「あちらのお客様から。」というのは現実世界ではあるの?

 
「あちらのお客様から。」
 
多分このフレーズどっかで聞いた事あると思います。
それはきっと映画とかドラマの話かなと思います。
 
結論から言いますと、一度もお目にかかった事がありませんね。
 
あと、別にシャーッとバーカウンターのテーブルを滑ってお酒がやって来る訳でもないです。
そんな事したら美しいグラスが傷ついてしまいますし、バーテンダーさんに怒られますし。
…こんな事考えている自分は、普通にフィクションの見すぎですね。
 
むしろバーにやってくるお客さんは、紳士淑女が多いので、他のお客さんに絡んだりすることがないですね。
お酒を嗜みに来ている事が多いですからね。
万が一絡まれて迷惑なら、バーテンダーさんに言えば助けてもらえるはずです。
 

飲みたくない時に「あちらのお客様から」されても困る

 
お酒弱い人とか、お酒の飲み方に自分ルールがある人にとってはかなり迷惑な行為だと思います。
「あちらのお客様から」形式で奢った人は、丹精込めて一杯を作ってくれたバーテンダーさんにも申し訳ないし、飲めないしという二重の地獄を与えることになりうるんですよ。
 
いくらハモンさんがアムロを気に入ったように、奢ろうとしたとしてもいくらなんでも「あちらのお客様」形式で奢る必要は無いと思います。
(オリジンの漫画見る限り、ハモンさんは「あちらのお客様から」と若干似たような形式を取っているといえる。アムロが「奢られる」ってハモンさんの注文時点で分かる辺りが違うけどね。)
あれはね、フィクションの世界だからカッコ良く映るわけで。
あの後すぐにアムロは断るんですけどね。
関係ないけど、自分はあの夫婦好き。めっちゃ好き。ハモンさんに気に入られたい。
 

奢るならわざわざ「あちらのお客様から」形式を取る必要はない

 
迷惑だと思われるリスクを考えると、わざわざ取る必要はないかなと思います。
奢りたい相手の会計時に「奢るよ!」って言って、お金を代わりに払うだけでも良い気がするんですけどね。
普通に奢られるだけでも嬉しいと思います。
 

もしやるなら友人が偶然いた時にやる

 
「あちらのお客様から」形式で奢るのデメリット多いって言ったけど、禁止されるとついやりたくなる。
そんなあまのじゃく精神の人の為にも考えてみました。
 
こんな人に奢ると気持ちよく奢れます。きっと。
 
条件(全て当てはまるべき)
  • 奢ってあげたい人は友人である
  • まだこちらに気づいていない
  • 奢る相手の好みのお酒が分かる
  • 奢る相手は入店したてである
  • 冗談が通じる(任意)
 
友人で、好みが分かっているならやってもいいと思います。
冗談通じる相手だと「HAHAHA」で何とかなります(?)
冗談通じる人なら、失敗した時の安心感が違いますね。多分。
 

「あちらのお客様から」形式をするメリット

 
やったことないなりに考えてみました。
 
  • 奢りたい人にサプライズできる
  • カッコつけられる
  • 奢りたい人に注目してもらえる
 
特にサプライズできる部分が一番大きいかもしれません。
だって、非日常感がすごい。
一度もお目にかかったことないからね!
普通に奢られるよりは、多分印象に残るかなと思います。多分。
 
 

まとめ

 
今回話した事
  • 「あちらのお客様から」という現場を遭遇した事がない
  • いきなり奢られても飲めなくて、迷惑に思う場合がある
  • やるならよく知っている友人にやろう
 
どうでしょうか。
あくまでも個人の体験と考察を基に書いているので、もしかしたら「あちらのお客様から」を頻繁に見かける世界線が存在するかもしれませんね。特にハードボイルドな漫画とか。
少しでもバーに関心が持てたのであれば幸いです。
 
ではでは
 
他の美味しいものの記事
  • プライバシーポリシー・お問い合わせ